フリーランス必読!税金で損をしないための書籍紹介

フリーランス必読!税金で損をしないための書籍紹介

こんにちは。草餅です。(@Yomogi_kusamoch

フリーランスのみんな~!もうすぐ年末だね!!

売上げ、経費、その他もろもろ確定申告のための帳簿作りは進んでるー?!

うっ頭がッ!!!!

くさもちは正直なんも進んでません・・・来年初頭に頑張る(今やれよ)

またフリーランスになったばかりで税金のことなんて良くわからないし確定申告のやり方なんてさっぱりよ、という方もいらっしゃると思います。そんなわけで今回は漫画で分りやすく税金のことが分る

【お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!】(著作 税理士:大河内薫/漫画家:若林杏樹)の紹介をします。

著作者

税理士 大河内薫

㈱ArtBiz代表/日芸出身/スーツを着ない税理士/#フリーランス税本 の著者 /つぶやき…税金の🉐、お金の話、副業、起業、仮想通貨etc./多数のメディア掲載歴/2週に1回美容院/取材ご依頼大歓迎😁/副業している人を応援!/

スーツを着ない税理士としても知られている大河内さん。カッチリしてお堅い印象の税理士先生とは思えない砕けたキャラで税理士に相談するのは怖い・・・という印象も払拭しています。元々は税理士を目指していたわけではなく役者志望だったというのも異色ですね。

漫画家 若林杏樹

若林杏樹(独身・30)大ベストセラー天才美少女漫画家です。大学職員から脱サラして漫画家になりました。 / 漫画家2年目 / 幻冬舎プラスさんで連載中 👑/漫画担当書籍Amazon教育分野1位📚/趣味麻雀

今回の著書ではまさに税金についてわからない人と同じ目線で税金と向き合うとても快活で行動力溢れる美少女漫画家さんです!

税金について何も知らない私たち

日本では社会にでると会社に所属する事が前提の様な構造になっており、税金面については会社の経理がすべて肩代わりしてくれています。そのためわざわざ学生時代にそういった科に進むでもない限り多くの人は税金のことなどさっぱり知らないまま社会に放り出されます。

そしてフリーランスになって初めて税金について調べ学ぶ事になる。

納税は国民の義務といいながら税金や確定申告については教えない教育ってなんなんだろう・・・。

専門的な書籍だらけで軽く流し読みするだけでも頭が痛くなりそう!!だからこの本!

まずは漫画で税金や確定申告に触れる

長々とした文章を読むのは苦痛でも、漫画ならすんなりと入ってくるし読み直しするのも苦痛ではない!!

正直税金だの確定申告だのという難しいテーマを良くもまぁこんな膨大なページ数で漫画化したなぁと杏樹先生のその根気に脱帽するばかり。また漫画にするためになるべくわかりやすくなるよう噛み砕いて説明したであろう大河内先生にも脱帽です。

個人的にとても勉強になった部分

  • 職業によって取られる事業税が違う
  • 高所得者の言う「税金で半分持って行かれる」の間違い
  • フリマの売上げに掛かる税金の話

私の場合漫画家兼イラストレーターといった感じですが漫画家は事業税0%に対して、ウェブデザイナーは事業税5%。え、なんで???って思いますよね。どちらも描いて(書いて)作品(サイト)を作るのに・・・なんで・・・???理屈がわからない、でもそういう事らしい。

フリマの売上げも売った目的がせどりや利益目的ではなく、不要になった日用品の処分などなら非課税なんだそうです!だとしたら着なくなった服、履かなくなった靴、使わなくなったランドセルや学生鞄などフリマで売ることが出来たら少しでも最初の出費が回収出来てよいですね!

経費の話も参考になる!

職業によっても経費にできるもの、できないものが違ってはきます。

私の場合だと、絵を描くために購入した資料、教本、ペイントソフトやその素材などは経費に出来ちゃうわけです。こういう情報も知っておかないと経費として計上するのを忘れてしまっては勿体無いですね。

 

これからフリーランスになる、既にフリーランスだけど税金について知りたい。雇用されているけど副業をしている人たちには是非読んでいただきたい一冊です。

フリーランス必読!税金で損をしないための書籍紹介

コメント